ホーム<施工事例<下地補修

下地補修

無足場 ブランコ クラック Uカット 外壁補修

1

無足場、ブランコ作業にてクラック補修。

充電式ベビーサンダーを用いての作業です。

 

2

サンダーをクラックに押し当てると

クラックに対しサンダーが走ってくれます。

それ程力は要りません。

 

 

3

ホコリはかなり出ます。

事前に近隣住人、作業するマンション住人への報告は必須ですね。

 

4

Uカットまで終わってしまえば

あとは通常のシールと一緒です。

 

5

Uカット処理はシール材のみです。

Kモル埋め戻しはしません。

2019214155525.jpg

クラックなのでくねくね曲がっているので

養生、仕上げは少し大変ですね。

 

7

完了です。

クラック処理も今は便利な材料が沢山出てます。

賛否両論あるかと思いますが、

ブランコ工事における最大のゴールは

事故なく終わる事だと思います。

8

テンプレ余りです。

 

都内・無足場・外壁調査

2016426152737.jpg

平成20年2月18日に建築基準法施行規則の一部を改正する省令が出され

平成20年4月1日から施行されました。

簡単に言いますと、法改正前は「目視及び手の届く範囲」の打診調査で済んでいましたが、

法改正後は落下による歩行者等に危害pを加える場所に関しては、全面打診を行わなければならない。

大まか言うとこんな感じです。

オーナー様は大変だと思います。

 

2016426152751.jpg

これ、コーキングがあるから落ちてないですが、コーキングが切れれば落ちますね。

しかも、大きいです。歩行者に危害、、、、、想像しただけで怖いです。

色々と現場を見ていますが、やはりALCは角の割れが多いですね。

ALCに対してのシーリング材は、仕上げにペンキが乘るウレタン素材が多いですが、

私は変成シリコンのペンキが乘るタイプがあるので、そちらが良いと思います。

およそ600mmピッチで板を置くALC板、動きが多いのは分かってるんで、

伸縮率の高い変成シリコンがよろしいかと思います。

 

201642615287.jpg

これなんて落ちかかってるじゃないですかwobbly

コーキングの接着面が剥がれない限り落ちないとは思いますが、

万が一がありますからね。

改修工事を行う必要はあると思います。

建物が竣工してから10年を超えているものに関しては、改修工事を視野に入れていかなければなりません。

やはり、オーナー様は大変です。

 

 

 

 

 

ALC塗装浮き処理方法

脆弱1

ALC板と塗装が密着していない事例は、沢山あります。

この建物は、かなり塗装が浮いてました。

放置して置くと建物の傷みは
密着している物と比べ物になりません。

まずは、サンダーで浮いてる箇所を
梳り取ります。

脆弱2

その後、繊維に入ったモルタルで埋めていきます。

写真でも分かるように、そこらじゅうで浮きが見られます。

なぜ剥がさないとダメなのか、

クラック(亀裂)などから水が入り、
建物内及びALC板を腐食させます。

雨漏れに気が付いた時には
ALC板は痛み、内壁、天井など
内部の改修まで出てきます。

脆弱3

コレデ、部分補修は終わりです。

これでは終わりません。

もうひと手間掛けます。

 

カチオン1

部分補修が終わったら、

今度は全体を塗っていきます。

なぜそこまでやる必要が有るのか?

細かいクラック、外壁の強度アップ、

既存塗装との縁を切る為です。

カチオン2

この後、シーリング打替え工事に入るわけです。

モルタルがシーリング箇所まで塗り込んであるので、

シーリングが動くとモルタルは割れます。

なので、この順番になるんですね。

少しでも長く使って頂く為、

日々研究、日々切磋琢磨しております。

 

 

 

都内、屋上モルタル亀裂、ウレタン防水処理

201561161119.jpg

屋上のこんな亀裂ありませんか?

地震大国日本では珍しくないですね。

こんだけの亀裂がありながら、
雨漏れしてません。

201561161140.jpg

直し方なんですが、

まず、シーリングで処理します。

シンプルな方法ですが、
効率、予算的にベストな施工法です。

 

201561161212.jpg

シール材が硬化したら、

ウレタン材を塗布していきます。

これにより膜厚増します。

201561161237.jpg

最後にトップコートを塗布すれば

完了です。

写真にはないですが、ウレタン2層塗布してます。

これだけ厚く塗っておけば、

クラックもそうそう入らないですね。

 

横浜、下地補修、無足場

横浜、下地補修、ブランコのサムネイル画像

今年はインフルエンザの流行が早まりそうですね。

体調管理に気を使いますね。

マスク、加湿器、手洗い、うがい、等々。

しかし、寒い時期の青空は何とも言えないですよね。

って世間話をしていると、上から一人降りてきました。

彼は、いったい何をしているのか、皆で覗いてみましょう。

下記の写真は別面の作業写真ですが、内容は一緒です。

 

横浜、下地補修、ブランコのサムネイル画像

クラック処理です。

無足場による、クラック処理。

可能です。

昨今、材料、施工方法共に

進化しております。

横浜、下地補修、ブランコ

スムースエポというクラック処理に

使うカートリッジタイプの注入材です。

充填してふき取れば、

完了です。

あくまでも、無足場での作業になりますので、

施工範囲等、限られた施工範囲内で、

ベストを尽くすのみです。

 

 

横浜、下地補修

下地

めっきり寒くなってきましたね。

今回は下地補修の現場です。

分かりますかね?一部ぽろっと取れてますよね。

これ、手で触っただけで取れました。

こんなちっちゃい破片でも、歩行者に当たったら大変です。

 

 

下地

こちらに関しては見ての通りです。

漏水、腐食等、建物の劣化はいいこと無し。

しっかり取り除き、左官をして、シーリング、その上に、一層だけ塗膜を塗り、

最後に塗装をします。

寒い時期は、施工時間に限りがあったり、施工部分の硬化が遅かったりと、

色々と大変ですが、澄み渡る青空は、寒い時期が綺麗だと思います。

 

横浜市港北区下地補修工事

港北下地1

今回は下地補修工事の現調です。

見ての通りです。

鉄筋がむき出しになっており、かなり劣化が進んでます。

ハンマーで叩けばボロボロ剥がれ落ちます。

 

港北下地2

こちらはアンカーの跡です。

モーぐちゃぐちゃになってます。

職人魂に火が灯りましたよ。完全に!

 

 

港北下地3

この横に走ってるクラック、、、、、、

うおおおおおおお~

やってやります。完璧に!

ってまだ現調の段階でしたね。

これから見積ですね。冷静と情熱のあいだ(辻 人成)

まさに今の私ですね。

 

ページの先頭へ