ホーム<施工事例<ウレタン防水

ウレタン防水

横浜・ウレタン防水・ダイフレックス エバーコートゼロ-1H

1

今回は横浜でウレタン防水。

ダイフレックスゼロ1-H 1液(混合無し)を使います。

良さが伝わればいいのですが、

まずは施工前状況。

かなり汚れていますね。

2

高圧洗浄していきます。

少しカッコつけてますね。

この格好して左手でホース掴んでれば

100点でしたね。惜しい。

 

 

3

既存防水の膨れや亀裂などがあれば

切開してシーリング、樹脂モルタルなどで

補修していきます。

4

こんな感じで押えて

表面をフラットにしていきます。

彼の持ってるゴムベラは水色ですけど

私は初めて見ました。

珍しいかもです。

 

5

改修ドレンの設置です。

全ての下準備が終わってからウレタンを流します。

この頃にはプライマーは終わってます。

写真映えしないので省いてますが。

6

メッシュを銅貼りその上から

シール材で補強していきます。

 

7

続いては脱気筒の設置です。

防水層の下にある湿気を外に出す為の筒です。

これもメッシュを貼ります。

8

上からシール材で補強していきます。

 

9

やっとウレタン1層目。

色が良いですよね。

楽しいはずなんですが、ぼったちですね。

10

1層目完了。

綺麗に仕上がりました。

 

12

2層目立上り。

これ、結構腕が疲れるんです。

 

11

そして、決戦の2層目。

ここでミスをすれば今までの苦労が水の泡。

補修をすればいくらでも直せますが、

この上にトップコートを塗ります。

                                           なので補修跡が出てしまい汚く見えます。

 

13

トップコート塗布。

このままの色でもかっこいいと思いますが、

紫外線や雨などからウレタンを保護します。

ウレタンは紫外線に弱いです。

なのでこのトップコートが傷む前に

塗り重ねが必要なのです。

 

14

立上りトップコート塗布。

立ち上がりもしっかりと塗ってますね。

 

 

15

これはストレーナーです。

ドレンにゴミが入っていかないように塞いでます。

ここで注意が必要なのは、施工前状況です。

落ち葉が凄いなど状況を把握しておけば、

お客さんに定期的な清掃をお願い出来ますね。

昨今ゲリラ豪雨が頻繁に起こります。

その時にドレンが詰まっていれば

オーバーフローを起こし

漏水の原因になりかねません。

16

完了です。

 

 

 

ウレタン防水硬化不良と建築業のモジュール化

201877162650.jpg

撹拌のミスなのか、

材料の測り間違えなのか?

2液の材料を使用するに辺り

気を付けなければならない事の一つだと思います。

まずは綺麗に撤去していきます。

201877162714.jpg

綺麗に撤去が終われば

次に樹脂モルタルを塗っていきます。

 

201877162851.jpg

樹脂モルタルが乾燥したらケレンをします。

凹凸が無いかチェックします。

20187716298.jpg

ケレンが終わればプライマーを塗っていきます。

 

 

201877162928.jpg

プライマーが乾燥したら

入角にコーキングを打っていきます。

201877162946.jpg

綺麗に仕上げていきます。

 

20187716309.jpg

樹脂モル乾燥後の目立つクラックに対し

コーキングで処理していきます。

201877163026.jpg

コーキングが乾燥したら

ウレタンを流していきます。

 

201877163224.jpg

ウレタンが乾燥したら

トップコートを塗布していきます。

201877163244.jpg

完了です。

今までの各工程をモジュール化するなら、

ウレタンの撤去

樹脂モル塗布

入角コーキングですかね。

実際は1社で施工していますが、

この部屋を100世帯以上やるとなった時

モジュールに分割した方が効率が良い時があります。

どこまで細分化されるのか、

誰がそこを補うのか。

こればっかりはAIには無理ですかね。

 

 

WA・TA・SI・NO・NA・GA・GU・TU

201812715440.jpg

おやおやHさん、仕事に精が出ますね。

止まっていると寒いですが、動きを止めなければあったかいんですよね。

雪の影響も受けましたが何とかこの段階まで来ました。

うんんん?青と黄色の長靴。

何処かで見たことあるんだよな~

フードをかぶっています。寒いんでしょうね。

 

 

2018127154415.jpg

平場1層目。

防水屋さんの一番楽しい場面じゃないですか!

うんんん?私の?気のせいかな?

Hさんフード外したね。燃えてるね。

足、蒸れてるね。蒸れまくってるYOね。

 

2018127154430.jpg

長靴やめたね。

滑ったら危ないから?

長靴で防水やると、めちゃくちゃ滑るんですよね。

ナイスジャッチメンナイト。

寒い時期が続きますが、私達はとても楽しく作業しております。

寒そうに見えると思いますが、そうです寒いです。

頑張ります。

 

 

 

墨田区、ウレタン、通気緩衝、また暑い夏の始まり

樹脂モル

梅雨入りと同時に始まった今回の現場。

さてさてどうなることやら。

樹脂モル

膨れ処理~のスタートです。

梅雨真っ只中。

このままでは心配ですよね。

 

仮防

樹脂モルタルの上からウレタン被せて

仮防水としては上出来じゃないでしょうか。

マット

晴れ間を見て

通気マットを張っていきます。

 

 

ジョイントテープ

通気マットを張る人なら分かると思いますが、

張り終わりが綺麗ですよね。

冷気

ここまで来たら、

一気にカチコミます。

まずは1層目

得意のレーキでブン巻きます。

 

こて

続いて2層目。

こちらは打って変わって

コテ仕上げ。

完了

今年はカラ梅雨ですかね。

トップコートまで一気にしあげました。

 

 

 

完了

まあまあですかね。

完了

さてさて

タラップのふたにカギを掛けて

次の町行きますか。

次はあなたの町の屋上かもしれません。

 

自分で出来るかも。ウレタン防水階段編

施工前

材料と少しの勇気があれば

階段のウレタン防水は自分で出来ます。

ケレン

まずは、ケレン清掃。

凹凸などを皮スキにて弾いていきます。

その後にほうきで掃除します。

 

プラ

次にプライマー。

接着材ですね。

ビチャビチャやらなけれ

養生は要りません。

ウレタン

プライマーを十分に乾燥させ、

ウレタン防水材を塗っていきます。

プライマーの乾燥時間に付きましては

各メーカーの指示を参考に。

今では1液のウレタンもありますから

撹拌機の心配もありません。

 

 

トップコート

翌日固まってるか確認し、

虫が付いてないかの確認もしてください。

付いていれば取ります。

取ってコーキングで平滑にしましょう。

仕上がりが綺麗になります。

それでトップコートを塗っていきます。

ここで初めて養生をし、際まで塗り込みます。

完了

完了です。

トップコートだけでは滑りやすい為、

トップコートを塗りながら珪砂を撒いていくと

いいと思います。

珪砂はホームセンター売ってます。

 

 

都内ウレタン防水 物置撤去後 伸縮目地の膨らみ撤去

目地施工前

今回の施工は屋上ウレタン防水

写真じゃ分かりずらいですが、

シンダーコンクリートの伸縮による膨れが凄い。

施行中

まずはカッターで切っちゃいな。

ここで撤去がスムーズに進まないと

先が思いやられます。

撤去中

(^ω^)ペロペロ

助かりました。 

んっ!

ギョギョギョ~!シール入ってないですね。

 

撤去完了

撤去後はこんな感じです。

目地の中が湿気ってましたね。

シーリング

十分に乾燥させた後、

プライマーをグリグリ塗り込み、

シール材を打っていきます。

シール完了

シールを打ったのは良いですが、

既存ウレタンとの段差が気になる~

 

埋め戻し

ならば、、、、、、

ここは樹脂モルタルを塗っていきます。

この時、仮防水性能がある物のを使います。

100%防げるとは言い切れないですが、

この時が一番漏水を起こしやすいので。

埋め戻し完了

穴等がないようにしっかり埋めます。

そして乾燥を待ちます。

仕様、メーカーにもよりますが、

この上にシートを張るか、1層やってから帰れれば

ベストです。

 

物置撤去状況

こちらは物置撤去状況です

んっ!

やっぱり目地にシール材打ってないじゃん!

シール

取りあえずこちらもシール充填です。

コケとか草がなくてよかったです。

不陸

写真じゃ分かりずらいですが、

こちらも既存ウレタンとの段差が凄いので、

段差調整をしていきます。

 

ジョイントテープ

乾燥後、プライマーをグリグリ塗り込み、

自着シート(アスファルト系通気マット)を貼っていきます。

このマットまで張ってしまえば漏水の心配はなくなります。

張った後、メッシュを張っていきます

端末テープ

タダシ、

シート、メッシュを

張るだけで終わりではないですゼ!(`・ω・´)

 

ジョイントウレタン

メッシュにウレタンを1ッ発塗り込みます。

ここまで来たら

ほぼ漏水の心配はなくなります。

                           

 

ヒライチ

ようやくウレタンを撒けます。

ここが一番楽しい時ですね。

下準備が80%です。仕上げで20%です。

ここが仕上げの段階です。

ここまで来ると早いですよ

201751314221.jpg

ウレタン二層目。

先程と同じ人ですが、

着替えはちゃんとしているみたいですね。

今日はダーク系の作業着でシックにまとめてますね。

201751314239.jpg

ウレタン一層目の時と同じ作業着ですね。

この方は一日置きですかね。

もはや作業着に目がいってしまいますね。

この作業はトップコートです。

 

 

 

完了

完了です。

もはや、、、、、、、、

彼の作業着が気になります。

 

 

かんりょう2

ウレタン防水施工完了。

写真に無いいくつものドラマが背景にあり、

この完了に繋がります。

クールジャパン

この技術を世界に売り込めないかな~

 

都内・屋上ウレタン防水・水溜りあり・(不陸調整)

2016423151355.jpg

これからの雨期に入りますね。

今回は不陸調整からのウレタン塗り重ね(密着工法)です。

私達の考える防水とは、水を下に流す。なので、上に溜まっている水は下に流れるよう下地処理を施します。

写真箇所は上なんですが、水が溜まるとの事で下地材を塗っていきます。

通販などでも買えるプレミックスというモルタル材で、1mmから10mmまで付けられるので重宝します。

1mmから10mmの意味が分からなと思いますが、1mmから5mmまでの材料だと6mm以上厚みを取ると

ひび割れが生じます。 

 

 

2016423152936.jpg

下地乾燥後にウレタンプライマーを塗布。

その後ウレタン防水を希釈したものでガラス繊維で出来たクロスを全面に敷きます。

これも通販で買えると思います。自分でやる場合、クロスは無くても良いと思います。

順序はプレミックス、ウレタンプライマー、ウレタン、トップで良いです。

私達が施工する場合は保証が付きますのでクロスを入れます。

メーカーによってはクロス無しで10年とかもあります。

 

2016423153827.jpg

トップコートを塗って施工完了です。

今の時代、通販を使えば何でも手に入りますね。施工に関しても、動画サイトを利用すれば無料で観覧出来、

実際に見ながら施工出来ると思います。内外装の塗ったり貼ったりをやるのは、楽しいですよね。

屋上、ベランダ、裏庭など、人の目に付かない箇所は自分達施工してみてはいかがですかね。

ホント楽しいですよwink

丁寧な仕事、危険が伴う仕事などは私達業者に施工依頼してみては、、イカガデスカネconfident

 

 

 

 

都内、屋上モルタル亀裂、ウレタン防水処理

201561161119.jpg

屋上のこんな亀裂ありませんか?

地震大国日本では珍しくないですね。

こんだけの亀裂がありながら、
雨漏れしてません。

201561161140.jpg

直し方なんですが、

まず、シーリングで処理します。

シンプルな方法ですが、
効率、予算的にベストな施工法です。

 

201561161212.jpg

シール材が硬化したら、

ウレタン材を塗布していきます。

これにより膜厚増します。

201561161237.jpg

最後にトップコートを塗布すれば

完了です。

写真にはないですが、ウレタン2層塗布してます。

これだけ厚く塗っておけば、

クラックもそうそう入らないですね。

 

ページの先頭へ