ホーム<施工事例<2019年2月

2019年2月

フルハーネスで作業siYO!

47

建築関係者の方々はご存知の通り2019年2月からフルハーネス着用の義務化が適用されました。

義務化までは分かります。

確かに今までの安全帯と言われてる物は、いざ落下した時に腰回りのみにテンションが掛っているので内蔵破裂等があるのは誰でも創造出来ると思います。

 

 

 

48

さて、納得できないのは【特別教育】を受けないと使用できない。

エッつ?何で?

普段スーツを着てるおっさん達が考えたシステムに嫌気がさします。

 

 

45

フルハーネス買いそろえるだけでも大変なのに、特別教育を受けろときたもんだ!

実際付けて作業した方が良い業種の方はいます。

是非付けてください。

ですが、全員に付けろはおかしいでしょ。

 

12

掛けて作業する場面も勿論あります。

その都度各自で考えて行動すればいいでしょ?

スーツ着たおっさんにより日々足場で作業してる我々が一番分かってますから!

 

無足場 ブランコ クラック Uカット 外壁補修

1

無足場、ブランコ作業にてクラック補修。

充電式ベビーサンダーを用いての作業です。

 

2

サンダーをクラックに押し当てると

クラックに対しサンダーが走ってくれます。

それ程力は要りません。

 

 

3

ホコリはかなり出ます。

事前に近隣住人、作業するマンション住人への報告は必須ですね。

 

4

Uカットまで終わってしまえば

あとは通常のシールと一緒です。

 

5

Uカット処理はシール材のみです。

Kモル埋め戻しはしません。

2019214155525.jpg

クラックなのでくねくね曲がっているので

養生、仕上げは少し大変ですね。

 

7

完了です。

クラック処理も今は便利な材料が沢山出てます。

賛否両論あるかと思いますが、

ブランコ工事における最大のゴールは

事故なく終わる事だと思います。

8

テンプレ余りです。

 

ページの先頭へ