ホーム<施工事例<2018年7月

2018年7月

ウレタン防水硬化不良と建築業のモジュール化

201877162650.jpg

撹拌のミスなのか、

材料の測り間違えなのか?

2液の材料を使用するに辺り

気を付けなければならない事の一つだと思います。

まずは綺麗に撤去していきます。

201877162714.jpg

綺麗に撤去が終われば

次に樹脂モルタルを塗っていきます。

 

201877162851.jpg

樹脂モルタルが乾燥したらケレンをします。

凹凸が無いかチェックします。

20187716298.jpg

ケレンが終わればプライマーを塗っていきます。

 

 

201877162928.jpg

プライマーが乾燥したら

入角にコーキングを打っていきます。

201877162946.jpg

綺麗に仕上げていきます。

 

20187716309.jpg

樹脂モル乾燥後の目立つクラックに対し

コーキングで処理していきます。

201877163026.jpg

コーキングが乾燥したら

ウレタンを流していきます。

 

201877163224.jpg

ウレタンが乾燥したら

トップコートを塗布していきます。

201877163244.jpg

完了です。

今までの各工程をモジュール化するなら、

ウレタンの撤去

樹脂モル塗布

入角コーキングですかね。

実際は1社で施工していますが、

この部屋を100世帯以上やるとなった時

モジュールに分割した方が効率が良い時があります。

どこまで細分化されるのか、

誰がそこを補うのか。

こればっかりはAIには無理ですかね。

 

 

ページの先頭へ